FXのスプレッドとは

FXを始める際、まずFX業者と契約しなければなりません。その際気をつけたいポイントは、まずスプレッドでしょう。スプレッドとは何でしょうか。たとえば1万円のモノを買ったとします。すぐ売りたくても1万円では買い取ってくれないでしょう。

もし9000円で買い取ってくれる所があるなら、1000円の開きがあることになるわけですが、この買値と売値の差である1000円がスプレッドと考えるとわかりやすいと思います。

ただし注意したいことがあります。通常時間がたつにつれて売値は下がっていきますが、この開いていく差はスプレッドではありません。買った時に同時に提示されている売値との差がスプレッドになります。FXでは買値と売値が同時に提示されています。FXで取り引きを始めるとスプレッド分のマイナスでスタートすることになりますが、これは手数料と考えれば納得できるでしょう。

さて、9300円や9500円で買い取ってくれる店が他にあるとしたら、あなたはどこの店で売りたいでしょうか?なるべく買った値段に近い値段で買い取ってくれる所で売りたいはずです。FXでも同じことで、スプレッドがなるべく狭い業者を選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です